返済期日前までの申告

| コメント(0) | トラックバック(0)

怖い取り立てがなくても、悪いのは滞納した側ですので、しっかりいつ返済できるのか、いくらなら返済できるのかということを連絡をいれましょう。
できれば返済期日前までの申告が望ましいです。

また、遅延、滞納の履歴は個人信用情報センターなどの機関に記録され、いつでも開示できるようになるため、モビット審査やクレジットカードの新規契約や他社の借入の際に響いてくる可能性があります。
十分注意して返済していきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://omega-a.com/mt/mt-tb.cgi/64

コメントする

このブログ記事について

このページは、pjが2013年12月11日 10:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国内旅行の急な出費でプロミスのお世話に。」です。

次のブログ記事は「車検」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。