エスティマTCRとバンパー

エスティマTCRは、エスティマの中で唯一ミッドシップエンジンを採用しています。 普通はスポーツカーに使われるミッドシップレイアウトは、エンジンノイズが大きくなりがちで一般乗用車には不向きといわれます。

けれども、エスティマTCRはミニバンらしからぬ軽やかな運転しやすさや大らかな乗り心地で、代わりになる車がないとまで評価するオーナーがいるのが、エスティマTCRなのです。 長く大切に乗られていることを想像させるエスティマTCRを街中でみかけると、なんだかほのぼのした気分になってしまいます。 とはいえ、長年乗っているとどうしても傷が多くなるのがバンパー部分です。 ドライバー若葉マークの方であれば、バンパー部分をぶつけてしまったという方も多いのではないでしょうか。 せっかく長年大切にしたエスティマTCRですので、バンパー部分の傷や塗装ハゲなどは、早々にバンパー交換や再塗装してほしいものです。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年10月10日 09:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミャンマーで民間機誤着陸、3人死亡」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。